大人が気付かずしてしまっていること【子どもをナメるな】

朝活!

 

 

 

と称して、早起きして

新米ママ写真家に写真を撮ってもらいました。

 

 

 

乳児さんも一緒に連れて

日が強くない時間帯にお散歩

 

 

 彼女は同い年なので、

自分らそんな年になったんだなあ

とか思いながら、

歩いて、話して、写真撮ってもらって。

 

 

 

彼は

 日に眩しがったり、

眠そうにしたり、

 

動作が全部可愛かったな

 

これからすくすく成長していくのが

楽しみだ!

 

 

 

ぼくは、子どもがすきです

ありのまま~な感じが、いいな。

 感情全部、剥き出しな感じが。

 

 f:id:KAzuma55:20170829145509j:image

 

子ども関係の職場で働いていたこともありました。

 

 

そこで思ったことだったり、

自分の生活を通して感じてたことを

今日は書きたいと思います

 

 

今伝えたいこと。

それは

 

 

大人よ。子どもをナメていないか

 

 

です

 

実際、保育や教育の現場にもあります。

 

 

読みたがっている本に対して、

「まだ君にははやいよ」

 

だったり

 

遊びたがっていることに対して

「こっちのほうがいいよ」

 

だったり。

 

 

この子は◯歳だから。これくらいでいいだろ。

 

だったり。

 

 

これ、全部

可能性潰し屋さん 

 

な気がする。

 

そういうこと言うの、

1回取っ払おうぜの提案です

 

 

 

もちろん、年齢や発達の段階に

合わせて、それに即した

もの、コトを提供するのは

とても良いことだと思います。

 

なにごとにも順番ってやっぱりあるからね。

 

 

ただ、子どもが

「やってみたいな」とか

「興味あるな」

ってことに対しては、

 

 

できるだけ

1回体験させてみてほしい

 

 

それで、できなかったら

できなかったで

 

大人が言ってる意味を理解したり

できるようになる方法を模索します

 

なんというか、納得ができる

 

 

ゾロも、ミホークと戦ってみて初めて

世界、こんなに遠いのかって理解します

(この例えは解りづらかった)

 

 

 

これができない大人って、

以外と多いのです。

 

 

それは

子ども扱いしてるから。

 

子どもは大人に子ども扱いされてることを理解できるし、覚えています

 

 

 

自分が保育園児や小学校低学年の頃

 

子どもなりに覚えていることが

沢山あります

 

 

話し方が極度に柔らかすぎる大人に

 

「この人すごい子ども扱いして話してくるな」

って思ったのを覚えています。

 

ただ、それを言うのは嫌われるな。

ってわかっていました

 

 

 

 

ガムを吐き捨てた大人、

びっくりしたのを覚えています。

 

ただ、自分が突っ込んでも、

逆に怒られるだけだなあ。

って感じていました

 

 

 

親が居候の人とセックスしてて

ずーっと耳を塞いで寝てたの、覚えています。

 

なにしてるか解らないけど、

気付いてないフリをしてたら

一番違和感なく過ごせるんだろうなあ、

ってなんとなくわかっていました。

 

 子どもだって、みんな、気をつかってるんです

 

その心配は自分のせいかも

 

自分の子どもが

  • 自己主張できない
  • 物事に興味、関心が少ない
  • 人見知りが続く

 

とか悩んでる人

 

もしかしたら

大人のナメたコミュニケーションが問題かもしれませんよ

 

っていうお話でした。

 

子どもの可能性を潰さないのが、大人の役目のひとつ

 

っていうことに、今からしましょう

 

 

ありがとうございました!