アルティメットってこんなスポーツ【初心者向け】

 

 


f:id:KAzuma55:20170705014852j:image
 

<iframe width="338" height="265" src="https://www.youtube.com/embed/E7qU--u_qWc" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

アルティメット!

 

名前の響きが中2っぽくてかっこいいですよね!

 

 

ぼくの趣味の1つは、アルティメットです。

ほとんどの確率で理解されません。

まだ認知度が低いから。

 

 

でも、アルティメットってなに?

ん?究極?

という方、多いのではないでしょうか?

 

すごい競技名ですもんね

 

野球 サッカー アルティメット テニス

 

うん、なんか名前で浮いてますよね。

太く見えますよね。

 

 

というわけで今回は、アルティメットってどんなスポーツなんだろう?

という方のために競技の雰囲気や魅力を知っていただけたらと思います。

究極と言われる理由はなんなのでしょうか?

 

 


そもそもアルティメットとは?

 

1970年頃、アメリカの高校生が考えて最初のゲームが行われた

 

7vs7人制のチーム競技です。

 

約100m×40mのコートの中で、

 

フライングディスクを使って仲間とパスしながら

得点エリアのエンドゾーンというところでディスクを

キャッチすれば1点!となるスポーツです。

 

コートは約100m×40mです!

※本当のコートはこんなに歪んでません。

 

ちなみに扱うディスクはこんなの。

直径27cm,175gです。

 

 

175gってわかりにくいでしょうか?

 

この中に入っているのも、丁度175gです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当たるとそこそこ痛いです。

お互いに気をつけましょう。

 

 

アメフトと似ているかも?と思いますが、

独自の魅力が結構あったりします。

ルールを交えながら見てみましょう。

 

 アルティメットの魅力 

パスワーク

 競技のルール上、ディスクを持った人は歩くことができません。

 

得点でない以上、仲間にパスを出すしかないのです。

仲間からパスをもらうべく、沢山走ります。

(始めて3か月で8キロ落ちました.

ビビりました。)

 

 

様々な投げられ方をするディスクが

パシパシっ!と、人から人へ繋げられていくのは、見ていてとても気持ちいいです。

 

ディスクが地面に触れた瞬間に攻守が交替するので、

オフェンスはディスクをうまく得点へ運べるように、

ディフェンスはパスを通させないように、

コート上ではずっと集中!です。

ダイブキャッチ

 

投げられたディスクは特性上、風で浮くので球技よりも

飛びつきながら掴もうとするダイブキャッチをする場面が多く観られます。

ダイナミックなプレーは、わくわくしますよね~

 

セルフジャッジ制

 最大の特徴といっても良いのではないでしょうか?

アルティメットでは、審判がいません。

 

身体接触が禁止であったり、

ディフェンスは、オフェンスがパスする過程の、空中にあるディスクにしか触れられないのですが、これらの禁止事項が起こった場合に指摘をするのは、

プレーをしている当人です。

 

プレーヤーと審判、2つの側面をもってゲームを楽しみます。

なんと、世界大会でもセルフジャッジで行います。

 

様々な大会、交流

 意外かもしれませんが、日本では1年を通して

チームの実力を試せる機会が沢山あります。

 

外、ビーチ、室内と場所も様々です。

それぞれ違った楽しみ方があります。

 

様々な部門があります。

 

性別不問(男子のみがほとんどですが。)のチーム構成

メン部門

女子だけのチーム構成

ウィメン部門

男女一定数以上のチーム構成

ミックス部門

年齢制限があるチーム構成

マスタ-部門

 

に別れて大会が開催されます。

 

今現在は、6月に全日本大会の予選が始まるので、

そこに合わせて調整する選手、チームが多いかと思います。

おまけ

 

アルティメットの服装は、規約が大まかです。

 

チームが皆同じユニフォームでも、

麦わら帽子や好きなキャップ、ニット、スカーフ。

こだわりのグローブや、とんでもない柄のタイツ等

各々でおしゃれを楽しんでプレーをしています。

これも魅力の1つだと思います!

 

まとめ

 球技にはない飛行の特性がディスクにはあり、

 

それを操る技術、走力、持久力を要することから

「究極(ultimate)」

と名付けられたようです。

 

なんか激しい系?と思ったかもしれませんが

全然大丈夫。ちっちゃい女の子プレーヤーだって沢山います。

 

 

競技人口は年々増えていて、

オリンピック競技追加も遠くない未来だと言われています。

(日本は上位狙えます!)

まだ紹介されていない部分もあるので、追記できたらと思います。

 

 

色々と魅力を書きましたが、

ぼくがアルティメットを続ける理由は、

楽しい仲間と一緒の時間を過ごせるからです。

キョウユウ、タノシイ。

それに尽きるかも。

 

この記事で少しでも興味が湧いたら、

行動してみてください。絶対環境がありますよ。

もしくはぼくに連絡ください。

 

一緒にやってみましょー!

【プロフィール】原田一眞です

はじめまして!

f:id:KAzuma55:20170118033237j:plain

原田かずまと申します。

ブログを読んでいただきありがとうございます!

この記事ではすこーし自分のことについてお話させていただきます。

よかったら読んでみてください。

自己紹介


f:id:KAzuma55:20170725011138j:plain



まずは、ぼくの自己紹介からさせていただきます。


名前: 原田一眞(かずま)

生年月日:1992年9月1日

出身:名古屋

年齢:24歳

身長:161cm

趣味:アルティメットというマイナースポーツ、ヒッチハイク、ピアノ、読書、youtubeamazonわらしべ長者

   悪ふざけをすること、ボードゲーム、友達のものまねをすること

おいしいもの:オムライス、カレー、肉、たこやき、チョコ、寿司、うなぎ

名古屋のちびっこ代表を目指します。



ブログを始めたきっかけ

思い返すと、この24年、ぼくは自分のことを話すのがとても苦手でした。

なんでだろうと考えたときに、自分にとって自信のあるところがない、相手に知られることが怖いという自分がいました。

「じゃあ、自分から相手のことをどんどん聞けばいいじゃん。」



といった無意識でこれまで生きてきたのですが、社会人になり今更気づきました。


自分のことを開示しないと、相手も開示してくれないんじゃないかい。



これに気づくまで時間がかかりすぎなような気もしますが、自分のことを知ってもらうことに価値を感じたのでブログを運営することに決めました。

徐々に、なんでも話せるように!


プラス、発信力、文章力向上を目指します!

経歴

ここでは、とんでもなく華々しくないぼくの経歴を振り返ります。



暗い部分が多いかも!

小・中学時代


ゲーム大好きっこでした。

マリオ、ゼルダスマッシュブラザーズどうぶつの森

任天堂の虜になってましたね。

正直言うと、いまだにマリオやゼルダの新作は出る度にわくわくします。ゲーム音楽も好き。



弟や少ない友達とするトランプや人生ゲーム等のボードゲームをすることも、とても好きでした。

人見知りで、

チビでデブで、とろい感じ満載です。

野球部、水泳部、バトミントン部に所属するも、全く続けられない始末。

家族構成は母はバツ2で、弟、自分の3人暮らし。


というわけではなく、常に男の人が帰ってきていました。

だいたい3、4年ペースで、3人かな。

この状況をうまく説明できない自分にとって、なんというか隠し事、秘密が自分にあると当時感じていました。

もちろんみんな、毎日とてもよくしてくれたし、いい思い出が沢山あります。

いじめられっ子も経験しました。



友達グループの中で仲間はずれにされたことや、

わけのわからんあだ名をいくつも呼ばれたことは今でも忘れられません。

その中でも印象強いものを1つ紹介。



「チビデブコブス」




すごい!ちび+デブ+小ブス!

1度で3度バカにできる!お得な3点セットだ!!

今でこそとんでもなく笑い飛ばせますが、当時の自分にとっては大ダメージ。


家にそのことは持ち帰らない、心配されたくないから。

というのは自分の中の決まりごとでした。

(なんとなくのきっかけで最近母に打ち明け、涙の親子会話がありました。笑えた。)

自分の人格形成において強い影響を与えてると思うことを挙げてみました。

もっとパンチが強いのは直接話します(笑)


そんなことが印象強い時代!次!

高校時代

近いから。という今では考えられない理由で高校を決め入学しました。

部活には所属せず、某カレー屋さんでアルバイトをしていることが多かったです。

「なに部?」

と聞かれたら

「C○C○壱部だよ!」

と言っていたくらい。


おすすめは、チキン煮込みカレーです。どうでもいい情報でした。


バイトのない日は友達とキャッチボール、ビリヤードに明け暮れる日々!


文化祭をサボってビリヤードに行くというわけのわからない思い出があります。



大学時代

https://lh3.googleusercontent.com/-AwEp_YdFvHM/WHdiGkR1KMI/AAAAAAAAEKU/3aF_tp2ULYMZl6naa_fkf-zJ9Rhzz8JiACE0/s1024/IMG_42779722167575.jpeg

高校時代に体験したボランティアの影響と、元々習っていたピアノを少しでも活かせられたらと考え、保育士を志して大学を選びました。


軽くスポーツができるサークルに入りたいな。



といった気持ちから始めたアルティメットや、保育の勉強を通し、



様々な人と会って、話して、学びを得ました。



それはもう書ききれないほど。

実際、自分の視野が広がる体験をしました。

よし、もう、なんでもできるかな。大人になれたかな。

と思い込んでいました。

新卒で海外ボランティアにいってやる。と意気込んでいましたが、

周囲の反対と自分の本気度の少なさでびびってとりやめました。

社会人


遊びを通した関わりをもちたい、色々な年齢層の子どもと関わりをもちたいと思い、

0~18歳の子どもが、唯一自分の意思で来られる福祉施設、児童館に勤務することに決めました。

そこでのお仕事は、子どもたちの成長を目の当たりにしながら、


やりがいや学び、を自分なりに感じていました。


とんでもないスピードで1年が経過しました。


そして2年目。

自分は、自分の思っている数倍仕事のできないやつでした。

驚きました。

気付けない、学習能力がない、責任感がない。

様々な理由で職場の人間関係が悪化。


自分自身で自分が話せない環境を作りあげてしまいました。


抑うつ症状と診断され、職場に行けなくなります。

今現在

自分のことを見つめなおす時間を沢山頂き、「不可能」を取っ払ってなにがしたいかを考えてみました。

そして決めました。



「成長」できる場づくりがしたいのです。

遊び、成長、伴走、壁を壊す、実体験、後押し、ふざける、挑戦

こんなワードが今のぼくの軸かなあと思います。

そこらへんもじっくり探っていきます。

自分がしたいことは、沢山でてきました。ブログもその1つ。

あとは、行動するのみです。

詳細は別記事に書きます!

まとめ

ここまで読んでくれてありがとうございます!

このブログは、自分が面白いと思ったものを紹介、遊びや考え方をアウトプットする場、今後の作戦等を書く雑記のブログにしたいと思います。

できるだけ少なからずの方の役に立てるようにしたいと思いますので、

気が向いた時に遊びにきてください。

f:id:KAzuma55:20170623011011j:plain



今後とも、よろしくお願いいたします